お買いもの

南高梅のピクルス液ゴールデンプラムビネガー

1,350円(税込)

南北朝の時代より歴史のある奈良県西吉野の南高梅のうち、有機栽培品を使用。青梅を黄色くしっかりと追熟させてから50℃のお湯に漬け込むことで、梅そのものの香りと風味を最大限に引き出しました。有機栽培にこだわることでバージョンアップした新商品は、6ヶ月以上お酢と有機栽培甜菜糖に漬け込んだピクルス屋自慢の梅酢となりました。この「甜菜糖」は農薬・除草剤など化学肥料を使っていない有機栽培。スイスで作られ、スイスオーガニックの認定も受けているお墨付き。原材料は酢、梅、甜菜糖のみ。なのに驚くほど豊かな梅の香りが特長です。50℃洗い、低温スチーミングの平山政一先生監修による商品です。


ゴールデンプラムビネガーのおすすめの使い方

ピクルスはもちろん、お水や炭酸水で割って飲用酢としてもお楽しみいただけます。また、梅の香り豊かな調味酢として、焼き魚にかけたり、麺類の風味づけに使ったりとお料理にも幅広くお楽しみいただけます。

原材料醸造酢、有機栽培甜菜糖、梅
内容量200g
保存方法直射日光を避け、常温で保存してください
※開封後は冷蔵庫で保存し、お早めにご使用ください


ゴールデンプラムビネガーの使い方

  1. 保存容器(ガラス瓶やプラスチック容器など)を準備する。
  2. 好みの野菜を食べやすい大きさに切る。
  3. 容器に[2]を入れてピクルス液を注ぐ。冷蔵庫で1〜3日ほどおく。
    ※好みでハーブやスパイスを加えてアレンジOK。
  • 保存容器の消毒について

    ■アルコール消毒【簡単に殺菌したい場合におすすめ】
    食品用アルコールやホワイトリカーなどをペーパータオルなどに適量含ませて、保存容器をふき、よく乾燥させます。

    ■煮沸消毒【長期保存する場合におすすめ】
    (1)耐熱用の保存容器を準備し、大きめの鍋に湯をわかします。
    (2)沸騰してから10分程度保存容器を鍋の中に入れて煮ます。
    (3)鍋から保存容器を取り出し、清潔なふきんの上に逆さに置き、自然乾燥させます。
  • ピクルスにする野菜について

    ■生で食べられる野菜(セロリ、パプリカなど)はそのままピクルス液に漬けることができます。
    ■加熱して食べる野菜(ブロッコリーやカリフラワーなど)は、さっと茹でてから漬けてください。
    ■早く漬け込みたい場合は、生食可能な野菜でもさっと茹でてから漬けると早く出来上がります。
    ■ミニトマトなど皮のある野菜は、竹串などで皮に穴をあけると漬かりやすくなります。
  • ピクルスの保存方法について

    ■作ったピクルスは冷蔵庫で保存してください。
    ■野菜がピクルス液に漬かりきっていないと、腐敗の原因になります。ピクルス液は野菜が完全に漬るところまで注いでください。
    ■1〜3日ほど冷蔵庫で寝かせると、食べごろになります。野菜によって、漬かり具合が異なります。
    ■作ったピクルスは1ヶ月以内に食べきりましょう。